自動車保険一括見積り 無料請求

自動車保険を今より安くする方法

自動車保険をもっと安くしたくないですか?

 

毎年、いくら支払っていますか?

 

保険の窓口インズウェブ は、保険代理店ではないので、特定の保険をお勧めしませんし、勧誘も一切いたしません

 

無料で、数社の見積りを一括請求して、お客様にお送りするだけです。

 

>>> *500円マックカードプレゼント付*自動車保険見直しキャンペーン

 

ですから、お客様は、1回の情報入力で、最大20社に見積もりを一括請求し、一番安い保険会社と契約することが出来ます。もちろん、契約する・しないは自由です。

 

保険料が安いだけでなく、多少の違いであれば、ロードサービス事故対応の充実度も比較してくださいね。

 

 

見積り請求は完全無料ですが、さらに、請求された方全員にマックカード500円分がプレゼントされるキャンペーンを実施中です。

 

お申込みはコチラから>>>保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!

 




車両保険の基礎知識

自動車保険を安くするために、車両保険をつけない人もいます。しかし、車両保険をつけたほうがいいケースもありますから、自動車保険の見積りの段階ではつけておいて、申し込み時に外すことも出来ます。

 

自動車保険で基本になるのは、次の二つです。
他人の身体や物への保障(対人保障、対物保障)
自分と搭乗者への保障(死亡障害保険)

 

車両保険は、こうした自動車保険の基本となる保障に付加して付ける保険なのです。

 

ですから、自動車保険の保険料を安く済ませたい場合には、車両保険に入らないということも可能です。

 

新車や高級車の場合は、盗難の恐れがありますから、車両保険をつけることをおすすめします。

 

普通、車両保険は車種ごとに料金クラスが設定されています。

 

車両保険を付帯させる場合、以下の4通りの方法があります。

 

(1)一般車両保険(オールリスク)
偶然の事故によって生じた自動車への物的損害について補償されます。単独事故、他社との衝突、当て逃げ、台風・洪水、火災・爆発、盗難、落書き、いたずら、など、ほとんどの場合で保障が受けられます。オールリスクに対応できるため、その分、保険料は高くなります。

 

(2)エコノミー特約
自動車同士の事故による損害のみに補償が受けられる特約です。

 

(3)限定A特約
車を走行させていない時の被害について保障されます。
台風・洪水、火災・爆発、盗難、落書き、いたずらなどの場合で保障が受けられます。

 

(4)エコノミー+限定A(特約)
エコノミーと限定Aを合わせたタイプの保障です。

 

車両保険のこうした特約は、補償範囲を狭くして保険料を安く抑えるためのものです。

 

車両保険の付帯については、十分検討して決めてください。

 

自動車保険の見積りを申し込む際には、必ず、どれかを付帯させて見積りを取ることをおすすめします。契約の際に外すことも出来ますから。

 

お申込みはコチラから>>>保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!