ホリデー車検で、安心格安車検

全部自分でやるユーザー車検

おススメではありませんが、金欠の時は、最悪ユーザー車検という方法もあります。

 

実は先日、金欠のため、仕方なくユーザー車検に行ってきました。

 

事前にやったことといえば、車検の数日前に、車の下回りは検査員が目視で検査するので、ワンコイン洗車で洗浄したくらいです。

 

1週間以上前に、近所の陸運局に、ネットで受検予約を入れておくのを忘れないで下さい。

 

当日の車検の申請は簡単でした。申請費用が1700円と自動車重量税だけでした。

 

ちゃちゃっと書いて窓口にもっていきました。「初めての方はビデオをご覧ください」と言われたので、ビデオを10分ほど観て、検査の概要を確認しました。

 

3ブロックに分かれていて、ライトの点灯関係、ブレーキ関係、下回り検査・排ガスチェックなどです。

 

検査自体は20分ほどでした。駐車ブレーキが不合格でした。緩んでいるということなので、検査場の近くのコスモで分解して硬く締めてもらい、再受検して合格です。コスモでの整備費用が税込5400円でした。

 

1日3回まで受検できるようです。

 

公的費用以外でかかったのは、駐車ブレーキ整備費用の5400円のみです。

 

車検をホリデー車検に依頼しても、代行手数料はわずか2万円ほどですが、汗をかけば、なんとか節約できますね。

 

そんな苦労はしたくない!という方は>>> ホッ、とリーズナブルな車検♪ 「ホリデー車検」

 

ガソリンスタンドの車検

ガソリンスタンドなどで車検を依頼すると、色々整備しろと提案してきます。10個くらい提案されると、全部は断りにくいので、半分くらいに減らしますが、それでも5万〜10万くらいの整備費用が掛かります。

 

特にオイル関連は、ガソリンスタンドの専門ですので、交換を強く勧められます。

 

今回のユーザー車検でオイル関係を検査されることはありませんでした。ウォッシャー液くらいは自分で補充しといたほうがいいですが、オイル関連は、たぶん大丈夫です。

 

3日前にオイル交換したばかりなのに、スタンドで、「汚れているので交換したほうがいいですよ」と言われた人がいたみたいです。

 

先日、ガソリンスタンドで給油中に、スタッフにタイヤに小さなヒビが入っているので交換したほうが良いと言われましたが、2年しか使っていないので、無視して今回受検しましたが、全然問題なかったです。

 

金欠の時はユーザー車検もいいですね。でも面倒くさいときはやっぱりホリデー車検ではないでしょうか。

 

ガソリンスタンドはやめておいたほうがいいです。重量税なども実費以上を概算で多めに取られることがあるようです。とにかく、不要な整備のセールスが強くて、断り切れません。

 

車検で迷ったら・・・